FREE ナ LIFE

NZワーキングホリデーでやってみたこと、行ってみた場所など様々なリアル情報を書いています。

東京オリンピックのオリエンテーションに行ってきた!!

この記事をシェアする

東京オリンピックのオリエンテーションに行ってきました!

どんな感じなのか緊張しながら当日を迎えましたが、行ってみた感想を一言でいうと、

楽しかった!!

学生時代に戻ったような感じでした。

どんな事を行ったのか言える程度で教えします。

入ってから受付まで

 

場所は有楽町を降りてほんとにすぐでした。

地上に上がったらすぐ見えました。

「東京スポーツスクエア」です。

 

 

ボランティア会場と書かれているのですぐにわかると思います。

私が行ったのは平日でしたのであまり人は外にいませんでしたが、

中に入っていく人がぞろぞろといました。

 

個人的には、もっと盛大な感じでやっているのかなと思いましたが、

そんな感じではなかったです。意外と周りは静かでした。

 

中に入ってみると、東京オリンピック一色!!!!!

f:id:judyrabiit:20190522222926p:plain



中に入るとボランティア参加希望者がすでに並んでいました。

私は、午前中の平日だったので、主婦層が多かったです。

女性が多くいるように感じました。

たまに学生さんなどの若い層の方もちらほら。

 

入って、まずは受付をしました。

オリエンテーションを予約したときに出てくるバーコードをここで提示します。

その後、それぞれのルームに分かれます。

おそらく3~4つほどのルームで時間を少しずつ減らし行われている感じでした。

TOKYO、RIO、BEIJIN、RONDONの4つのルームがありました。

私は、「RIO」のルームでした。

ルームもオリンピックって感じでテンション上がりました!

f:id:judyrabiit:20190522223224p:plain

 

オリエンテーションスタート!

 

6人のグループ席になっていて特に座席の指定はありませんでしたが、

奥から順に詰めて座るような感じでした。

私のグループは主婦さん4人(そのうち一人は韓国人)、大学生(男性)、私でした。

主婦さんは、座ってすでに会話をしていて、仲良くなられてました。

私も入りたかったですが、主婦さんとの会話にどう入ったらいいかわからず、、

 

机の上に、名前を見せる用の厚紙と、自分の希望役割などを書く紙があるので、

時間になるまで記入して待ちます。

 

時間になると担当者からの明るい挨拶そして説明が始まります。

だいたい一つのルームに150人ほどだそうです。

最初に、大まかな今後の説明をしてくれます。

ここで映像を見たりしながら流れを把握します。

(中は撮影禁止でしたので写真はありませんが、大きいスクリーンを見ます)

 

そのあとは、アイスブレーキングタイム!!!

ここが一番盛り上がりました!

内容は書けませんが、とても面白く、

グループで一緒になって考えていくような時間になります。

 

他のグループとの交流もできたので、大学のような雰囲気で私はとても好きでした。

 

面談会場へ

その後は、面談に入ります。

グループで2名1組になって、2階の面談ルームに移動します。

私は、若い組は若い組でと言われ、学生の子と一緒に面談を受けました。

一組約10~15分です。

グループで面談を受ける順番もこの時に決めます。

最後のグループの人は30分くらい待つことになると思います。

私は、一番目に面談することになったので、決まった後すぐに2階に移動しました。

 

係の人が誘導してくれて、事前に配られたアルファベットと

同じものを持っている人のところに行き、その人と面談を受けます。

 

面談は2対2です。

ここの内容も言うことはできませんが、

最初の説明の時に面談で話すことのお題が出されます。

ボランティア応募者であれば、難しいお題ではありません。

(実際に面談をしたら分かります。)

 

面談の雰囲気はすごくフラットな感じで、かしこまった感じではありませんでしたよ。

実際オリンピックと関係ない話もしていたので、、

こんなものでいいのかと思ってしまうくらいのものです。

あとは、やっぱり、どのくらいの期間入れるのかや、

役割の希望などはしっかりしていた方が良いかもしれません。

 

ボランティアをやれる保証はこの時点ではないので、

あやふやにしているよりかは、はっきり決めておいた方が良いと思いました。

 

面談係の方も、明るくて話を盛り上げてくれました。

なのですごく、落ち着いて話すことが出来ました。

面談を受けてみて、思ったことは

ボランティアできるかできないかは、ほぼほぼ運のような感じがします。

あとは、自分の入れる期間や役割などによってマッチするかしないかだと、、、

そんな感じで面談は終了し、

自分の登録の確認エリアへ向かいました。

 

本人確認からサイズ確認

ここでは、オリンピックボランティアWEBサイト内の自分の登録内容、

本人確認が行われました。

サイト内にちゃんと顔写真が貼られているか、運転免許証の本人と一致しているか。

サイト内の登録をすべて行っていれば、運転免許証を提示し、座って待っているのみです。

サイト内での登録がうまくできていなかったりしていた人は

そこで登録の仕方を教えてくれると思います。

 

最後に自分の服、帽子、靴のサイズ確認です。

ここで、実際のサイズのものを着たり、かぶったり、履いたりすることが出来ます。

自分のサイズを確認して、サイト内に登録してあるサイズで問題ないか確認します。

サイズ記入表もあるので、それに書きとめることが出来ます。

 

これで終了です!!!

あっという間の約2時間でした!!!

 

写真撮影タイム!

時間に余裕のある人は、そのあと写真撮影ができます!!

写真撮影はスタッフさんがいますので撮ってもらえました。

一人で参加だった方も、グループで一緒になった人と撮影してました!

OENにメッセージを書くことが出来ます。

#OEN2020 は香取慎吾さんが書いたそうです。

いろんな応援メッセージがあって面白かったです。

私も記念に書きました!!!

パラリンピック競技に使われているものを実際に体験して写真を撮ることが出来るブースもありました。

車いすバスケットボールや、音の鳴るサッカーボールを実際にけることもできます。

車いすに座ってみましたが、これでドリブルしたりシュートしたり、、、

考えるだけでもすごすぎます。。

 

終了~

東京オリンピックが待ち遠しいです!!!

そして、さらに、選手の皆さんの少しでも力になりたい!!!

そして、一生に1度あるかないかのこの東京での開催をぜひ成功させたい!!!

勝手にそんなことを思ってますwww

 

日本中が笑顔になって心に刻まれるであろう2020東京オリンピック!!!

 

楽しみです!!!!!!

 

#東京オリンピックボランティア

#TOKYO2020