FREE ナ LIFE

NZワーキングホリデーでやってみたこと、行ってみた場所など様々なリアル情報を書いています。

オークランドで印刷したいなら「WareHouse 」へ!!CV(履歴書)作成後に行こう。

この記事をシェアする

仕事で必要な履歴書を「WareHouse 」で印刷しよう!

 

オークランドにある印刷できる場所といえばここ!「WareHouse 」

wharehouse

今回は、オークランドシティで

簡単に印刷できる場所とその方法 をシェアします!!

1.Ware House Stationery(ウェアハウス ステーショナリー)って何のお店?

ウェアハウスステーショナリーは簡単に言えば、文房具・コンピューター・事務機器などが揃っているお店です。

 

ウェアハウスには、いくつかの系列店があります。

 

The warehouse(ザ ウェアハウス)

系列店の中でも主力となっているお店が、ここです。

 

加工食品、寝具、家具、家電、文房具、玩具、工具、健康美容品、衣料品、CD・DVD、スポーツ用品、園芸用品、カー用品、ペット用品など

 を販売しているディスカウントショップ。

 

The warehouse extra(ウェアハウス・エキストラ)

ウェアハウスでは販売できなかった生鮮食料品、薬剤師常駐の薬局、カフェテリア、写真現像サービスなどを提供する総合スーパー形態

 

the warehouse Local (ウェアハウス・ローカル)

都市圏の中心部と郊外都市を中心に展開する小規模店舗

 

私たちがお世話になるのは、上の2つくらいだと思います。

 

・warehouse stationery(ウェアハウス・ステーショナリー)

・The warehouse(ザ・ウェアハウス)

 

2. Ware House Stationery(ウェアハウス ステーショナリー)はどこにあるの?

 

一番行きやすい場所にあるのは、Queen Street沿いにある

warehouse stationery(ウェアハウス・ステーショナリー) です。

 

Count Down (カウントダウン)というスーパーの2階にあります。

表には、看板はありません。建物の中にあるので、

Count Down(カウントダウン)を目印に行った方が分かりやすいかもしれません。

 

Count Down(カウントダウン)の建物の中に入ると、

すぐにエスカレーターが真正面に見えます。

水色の看板が目印です。

 

営業時間:8:00~18:00(土日は17:00まで)

 

 

3.事前に準備しておくもの

印刷するために事前に準備しておかなくてはいけないものがあります。

 

①印刷したいデータが入っているUSB

もしくは

②メール送信可能な携帯

そして

③20セント(1枚分の値段)

 

店員さんにしていただくので事前にデータを準備して、向かってください。

また、印刷代として20セント必要となります。

そちらも一緒に用意しましょう。

(私は現金でしたがお金は、現金でなくてもデポジットカードでも可能なはずです。

クレジットカードは金額の制限があるかもしれません。)

 

4.印刷までの流れ

今回私は、メールアドレスで印刷をしてもらったので、その方法を詳しく説明したいと思います。だいたいは、USBの方も同じ流れです。

 

2階のwarehouse stationery(ウェアハウス ステーショナリー)へ向かう。

②2階まで登ったら、右側へ進みレジ(PAY HERE)の左隣にある

「PRINT & COPY」というブースに向かう。

 

f:id:judyrabiit:20190717193849j:plain

f:id:judyrabiit:20190717193919j:plain

 

③ここで順番を待ちます。利用する人が多いのでよく並んでいます。

④待っている間にパソコン画面下に張り付けられている

白い紙に記載されているメールアドレス宛に、データを貼り付けて送信します。

(2019年7月現在の送信アドレスはこちらです。)

f:id:judyrabiit:20190717193949j:plain 

④-2 USBの人は自分の番になったら店員さんにUSBを渡してください

 

⑤送信されたかを確認します。パソコン画面に受信BOXが開かれた状態に

いつもなっているので、その中に自分のアドレスが受信されているかを確認します。

 

(もし、見当たらなければ店員さんに言って探してもらってください。

流れてしまっている可能性もありますので。)

 

⑥アドレスが見つかったら、店員さんにメールを開いてもらい、印刷してもらいたいデータを確認し、必要な部数を伝えます

 

⑦必要な料金を払い、印刷物をもらい終了

 

5.まとめ

店員さんにお願いしなくても、印刷可能な場所が「PAY HERE」の右側にありますが、私は分からず、捜査するのが面倒だったので、店員さんにお願いしました。

少し、並ぶと思いますが、初めは店員さんとやった方が安心ですし、

スムーズに印刷することが出来ます。

 

しかも1部20セントなので、日本のコンビニともさほど変わらないくらいの料金で印刷することが出来ます。

 

他にも文具や、パソコン機器なども販売されているので、ついでにどんなものが売られているのかを確認しておくのもいいかもしれません。

 

CV配りすぎて、なくなりそう!!って方、

CV(履歴書)を印刷する際などにぜひ利用してみてください。