FREE ナ LIFE

NZワーキングホリデーでやってみたこと、行ってみた場所など様々なリアル情報を書いています。

海外旅行太り解消方法体脂肪率10%減少~成功者がおすすめの健康的なダイエット教えます~

この記事をシェアする

海外旅行や滞在中に太ってしまった体を引き締めよう!

簡単に誰でもできるおすすめのダイエット法

diet

海外滞在中ってなぜか体重増えてしまいますよね。日本以上にカロリーのある食べ物や美味しいお菓子が沢山あるせいなのか、、、?

今回はそんな身体を簡単に引き締められるダイエット方法をご紹介します!

 海外での生活で体に肉が、、

diet

 ニュージーランドに1年間ワーキングホリデーとして生活していた中で、体重が5キロも増加!?人生最大の体重に驚きです!!!

そんな体重になったのも納得するくらいに食生活が激変していました。

日本で生活していた頃は、1日3食ごはんにおかずに吸い物。たまに甘いものを食べて、運動して、、

ほとんど体重に変化はありませんでした。

 

ニュージーランドに来てから1か月目は生活に慣れていないためか、体重が減っていました。ですが、減ったのもつかの間。生活に慣れだしてからは体重は右肩上がり。

働き出してお金が入ると、気にせずに食べたいものを買っておいしいお店に行って。。

「我慢したらストレスになるから」とか「日本に帰ったら食べられなくなるものは食べておこう」とか。。自分が食べていい理由ばかり考えていました。

案の上、それが体重増加という結果に繋がってしまいました。

海外の食べ物は本当に美味しいんです。。。特にチョコレートやポテトチップは格別。毎日のように食べていました。

 

ニュージーランドにいたころの私の一日に食べていたものといえば、

・パン

・チョコ

・ポテトチップ

・パスタ

冗談抜きでこの4つは欠かせない存在になっていました。

仕事場がベーカリーショップだったということもあり、余ったものを持って帰ったりランチ用のサンドイッチをもらったり、、小麦粉の摂取がかなりありました。

そして、仕事の帰りには、マフィンやチョコ、ポテトチップスをスーパーで買って帰るのがルーティンになっていました。

美味しいんですもん!!!

ニュージーランドの主食が、パン、パスタ、ピザなどの小麦粉製品のものばかりで白米はほとんど食べません。食べたくなったらアジア料理屋さんにいく感じです。それくらい身の回りには太る食べ物しかありませんでした。

 

そんな生活を1年も続けていればそうなりますよね。

これはやばいと思い、体を引き締めることを決意!!!

 

身体を引き締める方法①~食事を変える~

diet

小麦粉封印

まずは、この太ることしか意味のない食事を改善しました。

毎日食べていた

・パン

・チョコ

・ポテトチップ

・パスタ

は封印!!!

小麦粉を取ることを控えるように意識しました。それと同時に白米も意識的に取ることを辞めました。

白米に含まれている炭水化物はエネルギーの元になる栄養素です。そのエネルギーの元がなくなれば自分の身体に蓄えられている脂肪が燃焼していきます。とはいっても、炭水化物を1グラムも取らないということではありません。

根菜類には沢山の炭水化物が含まれいるのでジャガイモやニンジンなどは摂取し野菜中心の食事に変更!(根菜類は糖質が多く含まれているので摂りすぎには注意!)

 

食物繊維とたんぱく質

食物繊維とたんぱく質を沢山取るように意識しました。

オートミールやプロテインで栄養素を摂取します。

オートミールには白米に含まれる食物繊維の約20倍も含まれていて、食物繊維だけでなく、カルシウムやビタミンなども摂取することが出来ます。

ご飯の代わりにオートミールを代用して食べます。味も自分でアレンジできるので食べやすい味に簡単に変えることが出来ます。

 

そして簡単にたんぱく質を摂取できるプロテインも毎日飲むようにしました。

1杯の中にたんぱく質が20グラムも含まれています。一般的な成人女性に必要な1日当たりのたんぱく質は50グラムと言われています。

ささみなどが良くたんぱく質が沢山含まれているといわれていますが、100グラム食べてプロテイン1杯分の20グラムしか摂取できません。50グラム摂取するには250グラムほどのささみを食べなければいけないことになります。

それを簡単にプロテインで補えるのでとてもお勧めです。

身体を引き締める方法②~有酸素運動と筋トレ~

diet

身体を引き締めるには運動をすることで筋肉をつけて痩せやすい体に変化させます。

出来る日は毎回、有酸素運動と筋トレを行っていました。

有酸素運動30分、筋トレ30分。です。

筋肉痛になった日は筋トレは行わず、筋肉を休めて回復後は再度筋トレを行います。

私がやっていたのは「モムチャンダイエット」

韓国で有名なダイエットエクササイズです。音楽に合わせて体を動かすので、あっという間に30分終わります。最初はきついてですが、体に効いている感じがかなりあるのでお勧めです。

 

運動後は、プロテインを飲んで栄養補給。

 

お風呂上りには、必ずストレッチとマッサージ。足のツボをもみほぐして、リンパを流すことを徹底しています。マッサージやストレッチだけでも次の日の身体の体調が変わります。今ではやっておかないと!という気持ちになっているくらいに欠かせないものになっています。

運動した後は体を労わってあげましょう!

ダイエットした結果

diet

この生活を繰り返した結果、

なんと体脂肪率が10%も減ったんです。

つまり、体の脂肪の10%が筋肉に変わったということです!!

正直なところ、1か月で体重はマイナス1キロで体重はそこまで変化していませんが、体のラインが綺麗に見えて引き締まりました。筋肉がつくことによって見た目がずいぶん変わりました。

 

そして、むくむことがなくなったんです。長時間座っていても、ふくらはぎの筋肉が以前よりついたのか、ポンプアップしてくれるようになったので血流が良くなりました。

 

最後に

健康的に食事を変えて、適度な運動だけで、こんなに体に変化があるとは驚きです。

体重を減らすこともスタイルが良く見えますが、健康的な身体作りが一番大事です。ただ痩せているだけでは、体が弱々しく見えてしまいます。適度に筋肉をつけることによって健康的な痩せ方で体も引き締まって見えます。今回のダイエットは長期的に意識することが大事なので、これからも続けていきます。皆さんも健康的な身体を作るために栄養素をしっかりと摂り、筋肉をつけて引き締まった身体にしましょう!