FREE ナ LIFE

NZワーキングホリデーでやってみたこと、行ってみた場所など様々なリアル情報を書いています。

海外生活・ワーホリの魅力って?気になるけど踏み出せずにいる方へ

この記事をシェアする

fukidashi

judyrabiit

こんにちは。海外・健康情報をFREEナLIFEに掲載中のjudyrabiit(@judyrabiit.1)です!

今回は、「海外に行ってみたいけどなかなか踏み出せない」という方や「ワーホリってどんなことするの?」と興味はあるけど詳しく分からないなぁという方へ海外生活・ワーホリの魅力を紹介していきたいと思います。

ワーホリって何?

ワーキングホリデーとは、日本ワーキングホリデー協会の公式ホームページによると

海外旅行とは違い長期滞在の許されるビザです。18歳から30歳の日本国民なら日本とワーキングホリデー協定を結んだ外国に1~2年の滞在許可が下り、その間に就学、旅行、就労と生活することが許されているとても貴重な制度といえます。

実際に日本以外の国で生活することが出来るということです。

学校にだって通えるし、お仕事だってできます。海外での生活なんてとても憧れですよね!

現在の協定国は26か国となっており今後もさらに協定国が増える可能性は大!昔ではマイナーだったワーキングホリデーも今となっては一つの道になりつつあります。

ワーホリの魅力

ここからはどうして

ワーホリをおすすめするのか?

ワーホリに行って得られるものは何なのか?

ワーキングホリデーの魅力をご紹介していきたいと思います。

「海外の生活を体験できる」

workingholiday

一番の魅力はこれです!何よりも日本以外の国で実際に生活することが出来る!

留学との大きな違いはここかもしれません。日本に居るとなかなか感じられない生活をすることができてとても刺激的です。そんなに生活が違うのと思う方もいるかもしれませんが、まったく違いますよ!

 

まずは食事。行く国ごとに有名な特産品があります。特に野菜やフルーツなどは日本では高いものが海外では安く手に入ったり、同じ野菜でも甘さが違ったり。私はニュージーランドに滞在してた時に驚いたのはトマトがかなり甘いこと。フルーツのように甘いです。そしてニンジン!これは、洋画を見ている人は見たことあるかもしれませんが、ニンジンをそのまま生で食べているシーンを見たことありませんか?正直やばっと思っていましたが、海外のニンジンは生で食べても甘くて美味しいんです。むしろ火を通すよりも生の方が美味しかったり、、

 

そして街並み。街中にあるお店の雰囲気がおしゃれ!街並みも統一されている場所が多く建物1つ1つがおしゃれなんです。ただ歩いているだけでも幸せになっちゃいます。さらに、お店の中のインテリアも海外って感じのアンティークやカントリーなお店が多かったりとにかく絵になるような場所ばかりなんです。それが当たり前なので生活の中で素敵な空間を毎日堪能することが出来ます。

「世界中に友達が出来る」

workingholiday

これもワーホリの特権かもしれません!もちろんワーホリではなく留学でも学校で友達は沢山出来ますが、現地の人達となかなか友達になる機会が少ないです。それに比べワーホリだと現地で働いている人達と関わることができ、仕事仲間ができ、そこから広がって休みに一緒にお出かけしたりパーティにお呼ばれされたりととても濃い繋がりを作ることが出来ます。さらには、色々な国からワーホリとしてきてる人たちとも繋がりができ、ワーホリ後も色々な国に友達が増え旅行なんかも楽しみになりますよね!

ワーホリ中に友達を作るこつはこちら☆

合わせて読みたい!

「視野が広がる」

海外での生活を経験している人なら必ず視野は広がります。なぜなら日本じゃないから。今までの人生で日本の当たり前だったことが必ず海外に出るとそうじゃないんだということに気が付きます。日本には日本のルールがありますが海外には海外のそれぞれの国のルールがあります。そのようなことを知っていくとどんどん新しい発見が生まれます。日本ではできないと思っていたことが一歩外に出ることによって「あっできるかも」と前向きに挑戦できる気持ちになったり、「こういう道もあるのか」と今まで知らなかったことを知るきっかけになります。自分の価値観も変わってくるかもしれません。

「英語が出来なくたって楽しめる」

 

英語が出来ないといけないんじゃないと思う方多いと思いますが、全然そんなことないんです。ワーホリは本当に気軽に行くことが出来ます。どうしても海外に行くとなると話さなければいけない場面は出てきますが、仕事もワーホリの人のための仕事が沢山あり選べるので気負いせずに楽しめます。初心者の方は農場などでピッキングのお仕事やパッキング、ファームなんかでも簡単作業で稼ぐことが出来ます。そして、英語を使うことなくもくもく作業なので抵抗のある人でも稼ぎたいという方にはかなりおすすめです。さらにもっと英語で楽しく会話しながら働きたいという方にもおすすめ!接客ではなく一緒に働く仲間もワーホリの人たちなので一緒に会話をしながらのびのびと働くことが出来ます。(むしろ接客英語よりファームで働いた方が英語力アップするかも。)

「個人の主張が大切」

workingholiday

世界中には本当に沢山の人達が様々な生き方をしています。特にワーホリをしている中で出会う人達はとても刺激的な人達ばかりです。留学だどどうしても英語を学ぶという目的が同じ人達が集まりがちですが、ワーホリは様々な考えを持った人たちがそれぞれの理由で来ています。なので、今まで出会ってこなかったようなジャンルの人達と出会うことが多いです。その中で感じたことは自分の意志がはっきりしている人が多いということ。これは、魅力というよりはマネしていきたいと思ったことです。自分がやりたいことはやりたいやりたくないことはやりたくないとはっきりと言います。そして何事もストレートに発言します。最初言われたときはちょっと抵抗ありましたがそれに慣れると恥ずかしさやテレなどが徐々になくなりました。そして主張しないと相手にも伝わらないことがあります。思ったこといはストレートにぶつけても相手は悪いことだとは思っていません。なので自分の意見などはバシバシ伝えていきましょう。

「世界中が注目する観光名所にいつでも行ける」

workingholiday

これは、生活している中での一番の楽しみ。海外旅行ではありますがまずは値段がかなり安く抑えられるということ。これを目的にワーホリに行っている人が半数います。なので国を決める際にも行きたい旅行先で決めることもありかもしれません。

 

ニュージーランドだと今日本でも有名な観光地として知られている「テカポ」の星空。

workingholiday
ここは世界中から星空を見に観光客が集まります。観光地には沢山のワーホリの人たちが働いているんです。特に観光地だとアジア人からヨーロッパ人まで英語以外にも言語が必要になってくるのでとても簡単に仕事を見つけることが出来ます。私もその一人でした。毎日世界一キレイな星空を見ることが出来てそのような場所に住めることは一生ないなと思うとそれだけでもとても貴重な海外生活でした。

テカポ情報についてはこちら☆

合わせて読みたい!

まとめ

 ワーホリの魅力についてご紹介してきましたが、他にも魅力は沢山あります。その国でしか食べれない美味しいものや素敵な出会いがあったり。そして国によってはビザの申請も簡単にできるところもあります。人生の中のたった1年海外に行くだけでその後の人生の考え方が大きく変わります。変わらないことは絶対にないです!ワーホリを経験してさらに自分の人生を自由なものにしましょう!