FREE ナ LIFE

NZワーキングホリデーでやってみたこと、行ってみた場所など様々なリアル情報を書いています。

ニュージーランド旅行中の気候に合わせたおすすめの服装

この記事をシェアする

season

 

 

ニュージーランドと日本の季節は真逆!

ニュージーランドの気温は基本的には日本と似ています。

ただ、その時期が真逆です。

日本の夏に、ニュージーランドは冬になります。

ですが、ニュージーランドと日本の気温は全く同じという訳ではありません。

なので、行く時期によって準備する服が難しいんです。

日本で半袖の服のまま、ニュージーランドに着いちゃうと春だから暖かいと思っていても風邪をひくことになっちゃうかも。

そうならないために、ニュージーランドの1年間の四季の気温とそれに合った服についてまとめました。

9月~11月の気候と服装

season

ニュージーランドの春は9月~11月です。

時期では春ですが、かなり寒いです!!!

特に、日中と夜の気温の差が激しいので日中は暖かい、いやむしろ暑くサングラスが必要な日もありますが、夜になるとそれが嘘だったかのように寒くなります。

なので、日中は半袖でも十分ですが、長袖のパーカーなどをバックに忍ばせておくことをおすすめします。

12月~2月の気候と服装

season

ニュージーランドの夏は9月~11月です。

この時期がニュージーランドではベストシーズン!!!

海外からの旅行者も多く集まります。

(特に夏は、観光地で有名なテカポで星をみに訪れる人もいれば、島を一周する人がいたり、、、夏になると色々な観光ができるのでニュージーランドを楽しみたい人にはこの時期に来ることをお勧めします。)

 

気温は日本よりは暑くないです。夏の割に涼しく過ごしやすいです。

夜も9~11月に比べると寒いという感覚はありませんが、それでも涼しく過ごせます。

夏なのに、過ごしやすい気候というのも旅行者が多く訪れる理由の一つです。

 

服装は、半袖半ズボンでも問題ありません!

ですが夜は夏でも肌寒く感じる日が多いので、

夜の外出時には軽く上から羽織れるものを用意しておくと安心です。

一番必要なのがサングラスと日焼け止め!!!

この2つはマスト必需品の季節なので必ず使用してください。

日本以上に、南半球にある国は紫外線が強く肌トラブルの原因を作ることになります。

紫外線対策は徹底しておきましょう。

 

 

 

3月~5月の気候と服装

season

ニュージーランドの秋は3月~5月です。

この時期も、日中は夏並みに暑い日が多いです。

ですが、早朝や夕方になると一気に気温が下がります。

徐々に、日中も涼しくなってくる時期なので長袖長ズボンの方がおすすめです。

軽めのダウンがあるとちょうどいいです。

6月~8月の気候と服装

season

ニュージーランドの冬は6月~8月です。

冬はめっちゃ寒い!!!

ですが現地の人は寒さに慣れているのか薄い長袖で済ませている人もいたり、、

ダウンやコートを着て、ニット帽や手袋をして、寒さを感じなくなるかな?

くらいの気温です。

カイロは必要な人は持っておくと安心ですがつけなくても過ごせる気温です。

日本よりは暖かい感じです。

旅行で色々行動するとなるともう少し、軽めでいいかもしれませんが体の芯が冷えるような寒さを感じる日もあるので、日本同様の冬の格好をおすすめします。

日本の冬をイメージして持っていくとちょうどいいです。

気温で言うと最高で約15℃、最低気温が約7度。

まとめ

season

一言で言うと、ニュージーランドの気温は過ごしやすいです。

 

 夏の時期以外は基本的、寒いと感じることが多い国です。

そして、夜は1年を通して肌寒くなります。

日中と夜の気温差はびっくりするくらい変わるので夏の暑いシーズンでも、

ちょっとした羽織れるものがあると安心です。

 

しかし、紫外線は侮れない地域なので、涼しいと感じても日焼け止めは塗っておくことをお勧めします。

 

気温に合わせた洋服は旅行者にとってはとても重要です。

寒すぎて、行きたいところに行けなかったということにならないように、洋服の準備はきちんとしておきましょう!