FREE ナ LIFE

NZワーキングホリデーでやってみたこと、行ってみた場所など様々なリアル情報を書いています。

ニュージーランドでの家探しは”Trade me” 理想の家が見つかる!!!

この記事をシェアする

ニュージーランドでの家探しは”Trade me” 理想の家が見つかる!

不安な方でも大丈夫!簡単に家を見つける方法ご紹介します。

trademe

ニュージーランドに到着後、一番最初の難関慎重に決めなければいけないのが自分の家探し!!!

自分がこれからお世話になる家になるので、とても大事ですよね。

ストレスのない、

ゆっくり自分の時間が作れる、

お手頃な金額で、、、

海外での家探しが初めてという方、不安な方沢山いらっしゃると思います。私もそうでした。そんな私でも、「Trade me」を使って簡単にそして自分にぴったりのお家を見つけることが出来ました。家探しを経験した私がどのように見つけたのかを詳しくご紹介したいと思います。

Trade meって?

Trade meとは簡単に言えば、ニュージーランドの情報交換サイトです。

売りたい人と買いたい人がつながることのできるサイトになっています。

 

ニュージー大好きサイトはすでに知っている人が多いかもしれません。

こちらでも家の情報はあります!

日本語表記になっていますのでとても分かりやすいです。

ですが、情報がTrade meと比べると少ないように感じます。

 

また、せっかく海外に来ているので、

 

できれば現地の人と一緒にシェアしてみたい!

色々な国から来ている人と住んでみたい!

と思いませんか!?

 

Trade meは日本人だけでなくニュージージーランドにいる人達すべての人のためのサイトです。なので英語での表記になりますが、情報もたくさんありますし、自分の理想に近い家を見つけることが可能です!

 

だけど、英語表記だと最初はわけわからないって人も多いと思います。

私もその一人です。ですが、探したい場所が決まっていれば、すぐにTrade meでほしい情報をキャッチできます!! 検索の仕方を写真とともにお伝えします!

Trade meで理想の家を検索!

では、さっそく検索していきましょう!

 

①まず、「Trade me」サイトに移動します。

f:id:judyrabiit:20190726172213p:plain

 

②次に一番上の列にある「Browse」をクリックします。

するとカテゴリーがたくさん出てきます。

 

f:id:judyrabiit:20190726172527p:plain

 

③このカテゴリー内の「Flatmates wanted」をクリック!

 

f:id:judyrabiit:20190726172758p:plain

 

すると、下のような画面が表示されます。

 

f:id:judyrabiit:20190726172958p:plain

 

④ここで自分の条件を入力していきます。

 

f:id:judyrabiit:20190726174730p:plain

⑤「Search」をクリック!

 このような感じに絞った条件の中で見つけ出すことが出来ます。

f:id:judyrabiit:20190726175011p:plain

 

・どこの地域にあるのか

・1週間でいくらなのか

・いつから入居可能なのか

・バスルーム、フラットメイトの数、人数

 

が見てすぐに分かります。

 

f:id:judyrabiit:20190726175137p:plain

 

気になる家の詳細も詳しく書かれています。

 

f:id:judyrabiit:20190726175555p:plain

 

オーナーに連絡を入れて見学してみよう!

Trademe

自分の中の条件とある程度一致したら、家を決める前に、実際に見学に行ってみることをお勧めします。

 

実際に写真と違っていないか、住んでいる人や、オーナーがどんな感じなのか。一緒に住む人の出身国なども気になることはそこで解消してから決定した方が、後々、自分が安心して住めます!!

 

なので、一度連絡を入れてみて、日程が合う日に少しの時間でいいので

見に行ってみましょう!

 

これは、日本でもそうですね。

 

初めての場所に行くわけですから、

夜は一人で歩いていても暗くはないかとか、

大きい道路があってうるさくないかとか、、

 

オーナーさんに基本的な情報から細かいところまで確認しましょう。

連絡の取り方

Trademe

電話番号はTrade me内の詳細情報のところに載っています。

 

その番号宛にテキストメッセージで「家を見に行きたい!」

ということを書いておけば、オーナーは分かってくれます。

 

私も20件ほどにテキストを送りましたが、9割は返事が返ってきました。

相手は、ビジネスとして家を掲載しているのですぐにでも

決定してほしいところばかりだと思うので

なかなか来ないところは逆に怪しいです(笑)

 

一部オーナーからは、

 

どこ出身ですか?

どんな性格ですか?

働いていますか?

ベジタリアンですか?

 

など、一緒に住むうえで相手の条件と一致しているかを確認してくるところもあります。いい場所でも、今住んでいる人がベジタリアンだからベジタリアンしか募集していないと断られたものもありました。

 

相手の条件もありますので、一度メッセージを送ってみてください。

そして、日程が決まれば、実際に家に訪問に行きましょう!

実際行ってみてわかる写真とのギャップ

Trademe

 実際に行ってみるとなかなかのギャップがあります。。。

これは、私の経験上なのでこれがどこもそうとは限りませんが、

外観は写真と同じでも、中の状況があまりにも写真と違いすぎて驚きました。

 

住んでいる人の性格が大きく関連していると思います。

 

色々な生活用品があちこちに散乱していたり、

ペットのことは書かれていなかったのに、ペットを飼っていたり、

あとは、香辛料のにおいがきつかったり、、、

 

ですが、

これは当たり前だと思って訪問した方がいいです。

 

私の場合6件ほど、訪問して最終的な家を決定しましたが、今住んでいる家以外は

「妥協してここに住んでもいいかな」という気持ちにすらなりませんでした。

絶対住みたくない!って感じでした。

 

なので、ここで言いたいのは

サイト上の写真に騙されないこと!!!

 

たとえ、よさそう!と思っていても、行ってみないことには、

本当にそこが自分にとっていい場所なのか分かりません!

 

写真はいい風に見せているだけで

実際は違うということを頭において探してみましょう。

 

訪問先で必ずここだけは確認!!

Trademe

訪問先で確認することは、色々あると思いますが個人的に聞いておいた方がいい、

もしくはよかった5つをここで紹介します。

 

①ここの地域は安全か

②どんな人が住んでいるのか

③光熱費は料金に含まれているのか

④ヒーター、扇風機などはあるか

⑤部屋の鍵はあるか

 

この5つです。

 

①ここの地域は安全か

何よりもここは、大事なところです。

その地域に住んでいる層とかも教えてくれます。

「小学校が近くにあって、子連れの家族が多く住んでいる町だよ」のように

地域自体がどういう雰囲気なのかを聞いておくと、安心ですよね。

 

②どんな人が住んでいるのか

フラットメイトとなる人なので、一緒に住んで自分に支障がないかの確認

例えば、ベジタリアンであったり、男性なのか女性なのか、年齢など、、、

毎日顔を合わせることになるのでちゃんとしている人かを確認しておいた方がいいです。

私の場合は、どこで働いているのかを聞きました。

 

③光熱費は料金に含まれているのか

ここは、すでにサイトに書かれていることかもしれませんが、

念のため直接確認しておきましょう。

含まれていなかったら別途払わなければいけないことになるので、そこの違いはでかいです。加えて、制限が無いかも確認しましょう。

家によっては、洗濯機を回すのは、週に1回とか、お風呂は30分以内など、制限されている家もあるみたいです。

私は、ありがたいことに、洗濯機も回し放題、Wi-Fi使い放題、お風呂自由です。

その分人よりかは、家賃払っていると思います。

自分がどこを一番に考えるかによります。

 

④ヒーター、扇風機などはあるか

これは、意外にも大事な質問です。

これがないと、ニュージーランドで生活は大変です。

特にヒーターがあるのとないのでは、大きいです。

無ければ、購入することも可能ですが、あればありがたいです。

確認して、それも含めて候補として残しておくのもありです。

 

⑤部屋の鍵はあるか

プライバシーが守られているかが別の人と一緒に住むうえでは、大切です。

無いような家もあるので、決める前に聞いておいた方が安心です。

 

おうち決定!!

Trademe

自分の条件と会えば、そこで決めるか、後日テキストを送るかで決定します。

 

条件のいい家だと、すぐに埋まってしまう可能性もあるので、

納得すればすぐに返事することをお勧めします。

そこで、無理ってなってしまったら一番悔しいですもんね。

 

「bond」をまず払うことがほとんど!

bondとは、契約したことのあかしとして先に払うお金のことです。

これは、家を出る際には返ってくるシステムになっています。

 

もらった、もらってない」のもめごとになってはいけないので、

きちんと紙に証明として書いてもらうか、メールを書いてもらうかして、

目に見えるもので残しておきましょう。

私は、直接手渡しして、オーナーが私に

「bond $〇〇もらいました」という内容のメッセージを送ってくれました。

 

だいたいのオーナーは流れは分かっているし、証明書などもきちんと用意されているはずです。 もしかしたら、そういうものはない場所もなくはないので、これが絶対とは思わないでください!(あくまでも私の経験上の話です。

まとめ

Trademe

家ってなかなか希望に合った場所が見つからないです。ですが、根気強く探せば必ず自分に合った家はあります。数的にも全然ないことはないです。

 

私の場合は仕事先を先に決めたので、家をその周辺で探しました。そうなると範囲が限られてくるのでその中で条件を満たしているものがあるかどうかを見極めなければなりません。私が実際に住むことになった場所は立地があまりよくなく、シティまで行くのにバスで50分かかります。

ですが今の家は、オーナーがアルゼンチン人と中国人の夫婦と子供、ホームステイも受け入れてて、フラットメイトはインド人。みんなとても優しくて、穏やかな家です。そして、部屋もきれいで、たまにご飯をごちそうしてくれました。

 

家は、暮らしていく中で一番大切な場所です。

ここだ!と思える家が見つけられることを願ってます!!!